正法寺とは
about
曹洞宗の古刹、大梅拈華山圓通正法寺は、南北朝時代の貞和4年(1348)、無底良韶禅師によって開かれました。
禅師は能登国の出身で、大本山總持寺(瑩山禅師開創。石川県輪島市、現在は神奈川県横浜市鶴見区に移る)の二代住職峨山韶碩禅師の高弟でした。禅師発心の前の19歳の時、熊野本宮(和歌山県)に参篭したところ、「もし出家修行するならば仏法純熟せん」との夢告があり霊石一箇を授けられたと伝えられております。奥州を開闢の地に選らばれたのもこの霊石の告によるものとされています。
寺地選定にあたっては、峨山禅師の嗣法を受けた後の禅師34歳のとき、初めて黒石郷の地に入り、もしこの地が仏法の霊場ならばその証を見たいと念じたところ、夜寅の刻(午前4時頃)に至って仏法僧(コノハズク)が鳴いたこと、また、二夜に亘って霊夢があり、守林神が一対の鹿となって現れ、道場開闢を喜び祝したとあります。
こうして開創した正法寺ですが無底禅師は14年間の住山で遷化されます。
無底禅師の後を嗣いだ月泉良印禅師は「月泉四十四資」と呼ばれる数多くの弟子を養成し、多くの信奉者を得て、正法寺一門は大きく発展しました。この初代・二代の間に綸旨(天皇の意を受けて発行する命令文書)及び總持寺峨山禅師からの認可状を得て正法寺は永平寺(道元禅師開創。福井県吉田郡)、總持寺と並んで東北地方における「第三の本寺」の格式を得て、その勢力は東北地方を中心に関東関西にまで広がり、東北地方の宗教、文化の形成に大きな役割を果たしてきました。
その末寺の数は往事、508ヶ寺とも1200ヶ寺とも記されておりました。「第三の本寺」の格式は江戸初期に幕府の政策よって失われましたが、由緒ある古寺として仙台藩から寺領や建物の寄進等で別格の待遇を受けておりました。
現在も72ヶ寺の末寺を有し、宗門において特別の格式を保持する古刹として広く知られております。