正法寺七不思議
seven wonders
正法寺には、いつの頃からか語りつたえられてきた七不思議があります。
これら七つの不思議な言い伝えは、身近で村のお年寄りによって語られていた、たいへん貴重なお話しでもあります。
そこには、人のなさけや人の幸せを願うきもちが含まれているようにおもえます。
この七不思議が、これからも語り継がれていくことを願ってやみません。
文福茶釜
ぶんぶくちゃがま
お茶会などでお湯をわかす時に使われた茶釜だそうですが、くんでもくんでもお湯が減ず、それどころかどんどんお湯が湧き出す不思議な茶釜だったそうです。
全国的にも有名なのは、群馬県の館林というところにある「茂林寺」というお寺さまの茶釜で、このぶんぶく茶釜は日本昔ばなしの題材にもなっております。
飛龍観音図
ひりゅうかんのんず
龍の背中に観音さまがのっている様子で描かれている絵画です。
現在は、掛け軸として庫裡の内部に展示しておりますが、じつは本物ではなく、精巧な複製です。たいへん貴重なものなので、本物は宝物庫に保管されております。 室町時代末期から安土桃山時代にかけて、「雪村」という現在の茨城県出身のお坊さまにより制作されたものです。
この掛け軸を開いただけで、たちまち雨が降るという言い伝えがあります。
慕弥の扇
ほやのおうぎ
正法寺をひらいた無底良韶師の持ち物であったとされており、宝物庫に展示・保管されております。
この扇には、禅師がお生まれになったいきさつを含み、悲しい物語が伝えられております。
むかし、奥州安達郡(現在の福島県)に、田村藩士・亀井辰治郎という文武両道にすぐれた美男子おりました。
ある日、辰治郎は村の若者とともに、三重県にある伊勢神宮にお参りに出かけ、その帰り際に松坂というところにある扇屋に立ち寄ったそうです。
そこの扇屋にはお鶴という娘がおりましたが、お鶴は辰治郎の容姿にひとめぼれし、あなたが恋しいという意味合いで、「ほや(恋)の扇です。」と言いながら告白のつもりで辰治郎に扇を手渡します。
しかし、辰治郎と一緒だった村の若者がこれをうらやましくおもい、「ほやとは、ほいと(ホームレス)のことだ。」と、辰治郎に嘘を教えてしまいます。
怒った辰治郎は、お鶴を刀で切り捨て死なせてしまいますが、あとで本当のお鶴の気持ちを知り後悔することになります。
その後、犯した罪反省し、お鶴の位牌(亡くなった人の戒名を記し仏壇にまつる木でできた札)と結婚することで扇屋を継ぐことになり、毎日お鶴の霊をなぐさめておりましたところ、いつの頃からかお鶴が亡霊となって辰治郎の前にあらわれるようになり、やがて二人のあいだに子供がうまれました。そして、お鶴はその子をお坊さんにするように頼むと、辰治郎の前に姿を見せることはなくなりました。
時がたち、やがてその子はりっぱなお坊さんとなり、のちに岩手県黒石に正法寺をおひらきになられたということです。
  • 八つ房の梅
    やつふさのうめ
    むかし、正法寺のお寺の境内には、房(花や実などがひとつの茎にたくさん生じたもの)が八つ以上もある珍しい梅の木があったそうです。
    一時期寿命で枯れてしまい、長い間みることができませんでしたが、平成21年3月に石川県のとあるお寺さまより八つ房の梅をゆずり受け、現在は庫裡の前に植えられております。
  • 児啼きの池
    こなきのいけ
    子供のなき声が聞こえてくるといわれた池です。
    そのむかし、ある母親が子供を育てられなくなり、ある年の7月15日の夜中にお寺の境内の池に子供を捨ててしまったそうです。それから夜ごと池から子供のなき声が聞こえるようになり、かわいそうに思った和尚まのお経の供養によって、それ以来なき声は聞こえなくなりました。
    今も、耳をすましてみるとどうやら聞こえてくるという話もあるようですが…。
  • 虎斑の竹
    とらふのたけ
    むかし境内の竹林に、虎の背の毛のように、太い黒色のまだら模様のある竹が生えていたそうです。
    現在は見かけなくなりましたが、もしかしたら山の奥にひっそりと生えているのかもしれません。
  • 片葉の葦
    かたはのよし
    葦(おもに水辺に生えるイネ科の草。地中に長い根を走らせ大群落を作る。高さが約2メートルあり、茎の部分はスダレの材料となる)の葉っぱが、馬のたてがみのように片方にしか生えない珍しい植物がお寺にはあります。
    現在も、境内の杉林付近で見ることができます。