精進料理
vegetarian food

「人間だけが、食べ方が問われている」
〜喜心・老心・大心〜

精進料理とは
日本曹洞宗を御開きになった道元禪師は「典座教訓」等を著され、仏道修行における食事の大切さを説かれました。
禪寺において料理を担当する役職を典座といい、道元禪師はこの典座職を非常に重要な役割と考えました。
一般的に、動物性の食材・五葷と呼ばれるネギ等の香りの強い野菜を使用せず調理した料理を精進料理と言います。
※多くの場合、ネギ、ラッキョウ、ニンニク、タマネギ、ニラ
正法寺の精進料理
深山幽谷の山寺である正法寺では、皆様が満足するような高級食材や料亭のような目にも鮮やかな御料理を
御出しすることは出来ません。しかし、當山の典座和尚が修行僧の指導をしながら、食材を無駄にせず、
四季の食材を真面目に、時間を掛けて丁寧に御作り致します。
観光 = 佛の「光」を「観」る
正法寺の精進料理は、「拝観の御案内」と「精進料理」がセットとなります。
精進料理だけを召し上がって頂くという事は出来ません。伽藍の説明・佛様のお参り・正法寺の歴史等を當山僧侶が御案内申し上げます。
精進料理は禪寺における食事の作法や、その日御作りした料理の説明を典座和尚が致します。
歴史ある禪寺でゆっくりとした時間を過ごして頂き、當山の「観光」を感じて頂けたら幸いです。
※山内行持等で典座和尚が不在の場合も御座います。ご了承下さい。
御申込方法
  • ●料金はお一人様3,000円(精進料理+拝観料)
  • ●人数は一組最大10名様までとさせて頂きます。
  • ●完全予約制となります。御予約は正法寺総合受處まで御電話下さい。電話予約以外は受け付けておりませんのでご注意下さい。
  • ●山内行持・御法要等により、御希望の日時での御予約を受けられない場合が御座います。御了承下さい。
大梅拈華山 圓通 正法寺
0197-26-4041
FAX 0197-26-4107
時間 9:00~17:00(11月~3月は~16:00)無休